下水道・排水溝などの水周りの修理で快適な住生活を

水周りの修理をする前に、下水道・排水溝の臭いも気になる点の一つでしょう。排水管は下水道に繋がっており、手入れをあまりしていないと汚れが溜まりやがて悪臭の原因へと繋がります。その上、汚れなどが蓄積してしまい、業者による水周りの水道 工事が必要となる場合もあります。それを防ぐためのポイントをいくつか紹介します。

■排水口や排水管からの悪臭の原因

キッチンやシンクの排水管にて悪臭がある場合では、排水管付近に水垢やヌメリが蓄積してしまうことが原因です。特にキッチンでは食器や調理器具などに付着した油など、油性の汚れが蓄積しやすく、定期的なお手入れが欠かせません。そのため、汚れを歯ブラシやスポンジなどで、こまめに落とすことが必要です。基本的にキッチンや浴室など、すべての水周りの排水口には、排水トラップという水を溜めておくためのスペースが設けられています。そこに溜められた水が排水管から上がってくる臭いをせき止める役割を果たし、直接下水の臭いが漂うことを防いでくれます。しかし、排水管の損傷や隙間に傷があった場合には、その悪臭が家屋全体に漂うことに繋がってしまいます。

■補修用テープでの応急処置

日常生活場面では損傷部分において、補修用のテープなどを使用して補修をしておきます。一方、毎日使用しますから長くは持たないことが多く、すぐに劣化してしまいます。その場合は、専門の業者に依頼をして修理をしてもらうことがおすすめです。特に、放置をしてしまいますと水漏れだけではなく、大きな被害にも繋がり兼ねないため早急な手立てが必要となります。



■まとめ
排水管の損傷が起こった場合には水周りの修理の一つとして、排水管の修理が必要となります。放置をすることで、家屋全体に悪臭が起こり水漏れなどにも繋がります。ホームセンターなどで販売している用具を使用することも一つですが、大きな被害に遭う前に業者による早めの手立てがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ