水道修理を業者に依頼した場合にすること

水漏れなど水周りの水道 修理が必要となり、業者に依頼する場面が出てきます。その際に、大小問わず被害を最小限に抑えるポイントをいくつか紹介します。

■水漏れ発生時には元栓を閉める

蛇口やトイレなどで水漏れが起こった場合は、ます水道の元栓を閉めます。持ち家の場合は、床下浸水や他の部屋への被害をなくすための二次被害を防ぐためです。賃貸物件になれば、水漏れの被害が他の部屋に及んでしまった場合には、多額の賠償金額が発生します。その上、他の住人の日常生活にも支障をきたしてしまいます。



■対処方法を考える
元栓を閉めれば水が大量に漏れ続けるという心配もなくなるため、落ち着いて対処方法を検討することができます。水道用の補修テープなどを巻くだけで解決できるような軽微な修理であれば、自分で対応することも可能です。しかし自分で修理をするためには、相応の材料や工具、技術が必要なため、難しい場合には、水周りの修理をしてもらえる業者に依頼したほうが無難です。特に、賃貸物件の場合では、自分で修理をすることはやめて、業者に依頼する場合には大家さんや管理責任者に確認をとります。

■24時間365日対応している業者がおすすめ

全国展開をしている業者では、24時間365日対応してもらえるところもあります。物のつまり程度では、駆けつけて即日対応してもらえますが、大掛かりな修理が必要な場合には、日数を要することもあります。時間を問わず応急処置程度をしてもらう程度ですが、駆けつけてはもらえます。業者に電話で確認をした際に、駆けつける時間の他に費用の概算を確認すると良いでしょう。被害状況を大まかに伝えると、見積もり金額を出してくれます。

■まとめ
生活場面での水周りの修理業者を依頼する前に、水栓を閉めて二次被害を防ぐことがポイントです。賃貸物件の場合は、自分で修理することはやめて、管理責任者に確認をした上で対応するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ