賃貸物件での水道修理のポイント

賃貸物件の場合であっても、水のトラブルによる水周りの修理が必要な場面が出ます。その際のポイントを押さえていきましょう。

■自己責任以外の修理費用は貸主負担

水周りのトラブルの原因が蛇口の劣化をはじめ、予め備え付けられている部品によるトラブルの場合は、住居者側に責任はありませんので、貸主である管理業者から費用を負担してもらえることが多いです。緊急対応が必要な夜間の場合は、原因を書類形式にしておくと事後報告として管理業者に提出できますから、手続きをしておくことをおすすめします。しかし、日中においては事前に修理を選択肢の一つに入れての相談をすることで、管理業者とのトラブルを防ぐことに繋がります。

■自己負担額が多い場合に備えた保険の準備

清掃不良や、異物による排水管のつまりや器物破損など、住居者側の使い方が原因の場合は、修理費用は自己負担になる場合もあります。しかし全額自己負担となる場合でも、予め管理業者に水道修理について相談をした上で業者へ依頼することをおすすめします。
また、床下浸水及び他の部屋への大きな被害が発生した場合では、高額費用が発生して保険対応をしないといけない場合があります。自分が入居時に災害保険などに予め入っている場合は問題ありませんが、入っていなかった場合は大変です。物件によって保険に入っている場合もありますから、修理依頼時の場合に備えて入居契約時に保険の加入有無や、保険の適用条件について確認をすると良いでしょう。

■まとめ
賃貸物件にて修理が必要な場合は、トラブルを防ぐためにもまずは管理責任者・管理会社に報告をしてください。費用が高額となれば保険対応をしてもらえますので、確認にも繋がります。夜間など緊急時においては、業者で器物の劣化が原因であることを確認できた場合には、書類作成をしてもらうことで責任の所在を明らかにすることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ