自分で出来る水道修理

水周りなどの水道修理を業者に依頼することも大切ですが、費用面での負担は少なからず発生します。頻度が多くなると、積もり積もって高額となってしまい、負担が大きくなります。その上、時間もかかってしまいます。そこで可能な範囲での自分で出来る修理を紹介します。

■ラバーカップで軽度のつまりを解消

トイレのつまりが発生した場合に備えて、ラバーカップを用意しておくと良いです。役割としては、トイレや排水管のつまりを解消します。排水口の上からラバーカップで押さえるだけで軽いつまりの場合は、流れが良くなります。ホームセンターや百均にて販売しているので、価格も概ね1,000円以内で済みます。トイレの交換が必要になる前に対処しましょう。

■パイプクリーナーによる洗浄
水周りの排水管のつまりが発生した場合は、パイプクリーナーを使用すると良いでしょう。つまりの原因は、動物性たんぱく質による油汚れが理由の一つです。食生活において、油を使用して料理をした場合に、そのまま流してしまうと起きやすくなります。浴室では、ボディーソープなどの垢・ヌメリ・体毛を流してしまうことでの蓄積が原因です。パイプクリーナーを使用することで、油汚れやヌメリを溶かしてくれます。最寄りのホームセンターや小売店にて販売しています。

■ワイヤーブラシや高圧洗浄機で汚れに直接アタック

ワイヤーブラシにて排水管の中を掃除して、つまりの原因となっている異物を直接取り除くことも可能です。手元のハンドルレバーにてブラシの部分を遠隔操作できるタイプの商品もあります。ただし、取り除いた異物や汚れがうまく流れれば解決しますが、奥の部分でさらにつまってしまう恐れもあります。このほかに、洗浄力が非常に高いものとして、高圧洗浄機もありますが、費用が相応にかさむため、業者向きのアイテムです。



■まとめ
各種日常生活でも、水道や水周りの修理が出来るアイテムがあります。費用を抑えるだけではなく、生活の知恵として一役担えます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ